プロジェクトマネージャーの特質

プロジェクトマネージメント

特質1 – プロジェクトへの情熱

有能なプロジェクトマネージャーは高い成果を目指します。プロジェクトマネージャーの情熱はチームメンバーに浸透して、プロジェクトへの積極的な参画意識を高めます。

 

特質2 – 変更管理の能力

プロジェクトには変更がつきものです。顧客が最終成果物についての考えを変える、マネージャーがスコープの変更を決める、チームメンバーがスケジュールを変える必要があるなどの変更が多々あります。プロジェクトマネージャーは変更管理の手法を身につけなければなりません。プロジェクトではどんな小さなものでもサプライズ的な出来事がたくさんあります。このサプライズ的な出来事に対応する能力とその出来事がもたらす変更に対応する能力が必要になってきます。

 

特質3 – 曖昧さへの耐性

プロジェクトマネージャーの権限があいまいであるのはよくあることです。プロジェクトの真っ最中だとしても、プロジェクトメンバーには指揮命令を受ける上司が別にいて、プロジェクトマネージャーに従ってくれないという場合もあります。大きなプロジェクトだとしても役割分担を明確に決めていることは、実際には少ないのでが実情です。メンバーの中に、プロジェクトマネージャーより職位の高い人がいたり、顧客がプロジェクトメンバーとしてしゃしゃり出てきたり、他部門がプロジェクトに特別な利害を持っていたりと様座様なケースがあります。有能なプロジェクトマネージャーは、こうした役割のあいまいさや、例外事項を適切に処理していかなくてはなりません。権限が全て明確になっていて、計画に一切変更がないのであればよいのですが、実際の世界ではそういうことはありませんし、変更のないプロジェクトに慣れてしまっているプロジェクトマネージャーがいるとしたら、プロジェクトマネージャーとしては続かないでしょう。

 

特質4 – チーム育成スキル

プロジェクトマネージャーは、経営陣、顧客、チームメンバー、サプライヤーなどのたくさんのステークホルダーとの連携を取りながらプロジェクトを進めていく必要があります。そのためには、これらの関係者との関係を上手に構築していく必要があります。プロジェクトマネージャーは交渉を通じて権限を待ち取らなければなりません。どんなプロジェクトでも、その成功は、チームを作れるかどうかにかかってくるといってもよいと思います。

 

特質5 – 顧客第一の志向

プロジェクトと全般的なプロジェクトでは、有能なプロジェクトマネージャーは顧客を第一に考えて、顧客の見方を理解しようとします。プロジェクトの成功の評価尺度は、つまるところ成果に対する顧客満足度といってよいでしょう。しっかりとした連携とチーム育成、そして顧客との強い関係、教官があれば、プロジェクトマネージャーは変化する期待をうまくさばいて、コントロールして、プロジェクトを成功に導くことがでいるのではないでしょうか。

 

特質6 – ビジネスの優先課題の堅持

プロジェクトと全般的なビジネス戦略との関係については、すでに触れましたが、これを「ボトムライン」志向という言葉で表現することができます。予算やコストはビジネス志向から見たらほんの一部にすぎません。それ以外のビジネスの優先課題としては、競争優位性の確保、プロジェクトの組織全体への統合、ステークホルダーの課題解決、プロジェクトの進捗状況に沿った生産性の貴さんと両面の確保などが挙げられます。プロジェクトとビジネスの関係がどのようなもので会ったとしても、プロジェクトの期間中は、その大切なものをみうしなってはいけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました