プロジェクトマネージャーの役割2

プロジェクトマネージメント

プロジェクトを前進させるために、プロジェクトマネージャーはプロジェクトの各プロセスにおいて、大小さまざまでいろいろな意思決定を行います。

意思決定の役割

意思決定には、専門能力が必要なこともあります。いずれにしても、意思決定によって影響を受ける人達を阻害しないといい事が大切になり、その配慮が必要になってきます。

①成果物の仕様と利益を区別する②スケジュールが遅れた時に資源の再分配をする③コスト、時間、成果のバランスをとる④スコープクリープ(繁殖)。プロジェクトがコントロールされないまま徐々に肥大化してさらに複雑になることや予算オーバーになってしまうことを防ぐ。

 

他のビジネスマネージメントの役割

プロジェクトマネージャーには、上で述べてきた以外にも有能なビジネスマネージャーに求められる一般的なスキルが必要になります。

なかでも、大切なのは、チームをリードしていくスキルです。プロジェクトチームを作り上げていくためには、何らかのチーム育成活動をする必要があります。

これはプロジェクトの最初の段階だけではなく、プロジェクトの途中においても継続的に実施していく必要があります。プロジェクトをとおして、チームがどのように機能しているのかを観察して、分析していく必要があります。

そして、プロジェクトの閑静に向けて、チームを完成して、チームで行動するという考え方を強調して、浸透させていくことが非常に大切になってきます。このチームの育成をなくして、プロジェクトの成功はないといってよいでしょう。

チームの育成が必要となるのは、次のようなケースと考えられます。不満、対立、必要のない競争、非生産的な会議が多い時、プロジェクトマネージャーへの不信がある時。チームの育成はプロジェクトの実行フェーズに置いてプロジェクト、及びチームを統一、統合する時に費用に大切なカギとなります。

 

有能なプロジェクトマネージャーを目指す

有能なプロジェクトマネージャーは、コミュニケーションにもたけています。書面や口頭でのコミュニケーションが上手に取れる。

コンピュータを自由自在に扱える。そして何よりも信頼がおけるなど、大切な要素があります。ステークホルダーやチームメンバーにコミットメントをする時には、自分の名声がかかっています。コミットメントを軽々しく考えてはいけないのです。

自分への信頼を傷つけて、プロジェクト全体へ影響を与えて、プロジェクトを聞きにさらすことは一番いけないことです。

プロジェクトマネージャーは、上でお話ししたことを常に意識して、チームや顧客から信頼と受けてチームメンバーからは尊敬の念やサポートを受けてこそ、努力は報われるようになります。その結果として、プロジェクトの成功はより確実なものとなっていきます。

様々なスキル

プロジェクトマネージャーは、定常業務とプロジェクトを調整して、優先順位をつけて、両方の業務を効果的に完了する必要があります。

プロジェクトマネージャーとして成功するためには、チームからリーダーとして認められる必要があります。

品現関係のスキルやコミュニケーションスキル、ビジネススキル、技術スキルといった複数のスキルが必要になってきます。

プロジェクトのプロセスとニーズに応じて、人間関係、対人関係、情報提供、意思決定、ビジネスマネジメントの役割を晴らす必要があります。有能なプロジェクトマネージャーになるためには、熱意と努力を継続していく必要があるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました