プロジェクトマネージャーの役割1

プロジェクトマネージメント

プロジェクトマネージャーは、プロジェクト全体を指揮するために任命され、プロジェクトの成否に関する全ての責任を負います。

プロジェクトマネージャーを任命するひとは、プロジェクトスポンサーで、プロジェクトスポンサーはプロジェクトに必要な資金を提供します。

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトチームの一員としてプロジェクトの指揮、系統を取り、プロジェクトを成功に導きます。プロジェクトを成功に導くためにはどうすればよいのでしょうか。また、プロジェクトマネージャーの役割とはなにかについてお話ししたいと思います。

 

プロジェクトマネージャーの仕事

プロジェクトマネージャーとしての最初の仕事は顧客の要求内容の理解になります。要求内容を理解したら、作業内容の決定と合意をします。

ここでいう顧客とは最終製品やサービスを購入するエンドユーザー、社外顧客ではなく、プロジェクトの成果物を納品する先にいる顧客の事を指します。プロジェクトによって、顧客は社内の人であったり、社外の人で会ったりと様々なケースがあります。

そして、この顧客を含めてプロジェクトの利害関係者(ステークホルダー)によるプロジェクトの運営委員会を組織して様々な意思決定をする役目を負ってもらいます。

例えば、プロジェクトを開始する時のプロジェクト計画に合意したり、プロジェクト期間中に、最初に立てた計画に変更が生じた時に計画の変更を承認したりと様々な、検討や承認を行う機関になります。

プロジェクトマネージャーとしての成功

プロジェクトマネージャーが成功するためには、主に2つの重要なスキルを身につけなくてはなりません。ひとつ目は問題解決のスキルです。

プロジェクトはそもそも独自性と期限のあるものなのが理由です。もうひとつのスキルは規律といえるでしょう。

プロジェクトに対して様々な技術や伝達事項、記録を管理したり、わかりやすく人に伝えるために図で示したりするスキルが必要になります。これらのツールを決まった通りに使うことが求められます。

プロジェクトマネージメントという分のノウハウが独立して、さらに発展してきたのは、予測可能な結果を出すために資源と技術を駆使、調整する必要があったためと考えられます。

プロジェクトマネージメントに必要な共通作業は、目標設定、作業の分解、作業順序の図示、スケジュール作成、予算作成、チーム内の調整、報告、コミュニケーションなどが挙げられます。

目標設定、計画作衛、実行、コントロールというこれらの活動を繰り返し行うのがプロジェクトでの活動になります。

プロジェクトマネージャーの役割

プロジェクトマネージャーの役割のひとつに対人関係の管理があります。プロジェクトマネージャーは異なるフェーズをリードする責任の一環として、他のメンバーとの間で、対人関係、情報提供、意思決定などの様々な役割を演じる必要があります。

まず、ひとつ目の役割は対人関係です。リーダーとして求められるには、正直で、有能で、信頼がおけて、付き合いやすい人である必要があります。

対人関係のスキルでは以下のようなことが大切になってきます。①様々なビジネス経験、知識を持つ人々と効果的に接してチームとしての一体感を作り出す。②チーム内のもめごとを解決する。③プロジェクトの目標達成に向けて、各マイルストーンを達成するように千0ムの作業の商店を絞って、動機づけをする。④ステークホルダーと良好な関係を作る。

 

情報提供の役割

プロジェクトマネージャーは情報提供の役割を担い、関係者には最新情報を提供する必要あります。他のためには以下のような事が必要になります。①チーム会議を招集して、議事を進行させる。②他の人達の作業スケジュールを作成、更新する。③プロジェクトのビジョンを経営陣に伝える。④成果、品質、成果物についてのフィードバックを与える。

 

以上、プロジェクトマネージャーの役割についてお話ししました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました